私の闘病年表   こんな急激な人、見たことないわ。。

2017年6月

​不整脈を感じるようになる。

近くの病院で心電図とホルター心電図の検査をしたが、時々不整脈があるがストレスと疲労が原因といわれる。レントゲンでは心臓が肥大していた。

​不整脈を感じるようになる。

近くの病院で心電図とホルター心電図の検査をしたが、時々不整脈があるがストレスと疲労が原因といわれる。レントゲンでは心臓が肥大していた。

2017年8月

​休みなく働いて疲労と睡眠不足が蓄積していたある夜に、呼吸苦と胸痛を感じる。翌朝症状は軽快したが、冷や汗と不整脈感が止まらず、夕方に近医を受診したところ、血圧が60台、脈拍が30台、心電図ではVPC(心室期外収縮)が頻発(2段脈・3段脈)しており、そのまま救急搬送となった。

​重症心不全ということで、ひとまず利尿薬と強心薬(心臓を強制的に動かす薬)を点滴。おしっこがとめどなく出て、3日で体重が3kg減る。

心電図検査,心エコー,CT,MRI,カテーテル検査と筋生検(心臓の細胞を取り出して心筋の様子を顕微鏡で観察する検査)をしたところ、拡張型心筋症であることが判明した。

このとき、EF(左室駆出率)は15%程度、 CI(心係数)は1.6 L/min/m2であった。…ただのヤバイ奴でした。

2017年9月

2017年9月

​退院に向けて、点滴を減量していって、内服薬に切り替えようと試みたが、心機能がついて来ず、断念。

今後の治療となるであろう、補助人工心臓や心臓移植のことも考えて、北海道大学病院へ転院。

2017年10月

2017年10月

​とりあえず、点滴をすこ〜しずつ減らしていって離脱。アーチストをめっちゃ少量から開始。

​心房内に血栓(血の塊)ができていることが判明し、ワーファリンも開始。

2017年11月

​点滴を離脱すると、体調が優れない日々が続いていて、ある日またVPCが頻発しました。緊急カテーテル検査をすると、救急搬送時の数値に逆戻りしていました。またも点滴の離脱失敗。

​点滴を離脱すると、体調が優れない日々が続いていて、ある日またVPCが頻発しました。緊急カテーテル検査をすると、救急搬送時の数値に逆戻りしていました。またも点滴の離脱失敗。

​次なる治療法は補助人工心臓・心臓移植しかない!となって、家族のいる大阪へ戻ることになった。

​メディカルジェットで大阪へ FLY!!

2017年12

​12月5日 IABP(大動脈バルーンパンピング)挿入。心臓移植登録完了。

12月8日 補助人工心臓植え込み手術。11時間かかりました。先生ありがとう。

12月9日 抜管(人工呼吸器を抜く)

12月12日 ICUからCVCU(心血管集中治療室)へ転棟

12月15日 一般病棟へ転棟

12月19日〜 スパルタなリハビリスタート

2018年1月

2018年2月

​​外出訓練(2回)

​​外泊訓練(1泊2日)

退院前日(2月21日)にVT(心室頻拍)で失神。お腹のどこかから大量出血してるということで、輸血のオンパレード。CCU(循環器集中治療室)へ。

2018年3月

2018年4月

​​一般病棟に戻る。

大量出血の原因が卵巣からの出血ということで、ホルモン療法開始(偽閉経療法)

​​4月8日退院。4月12日初回外来。以降1ヶ月ごとの外来通院。

2019年1月

​​大阪警察病院のVAD専門外来で毎月の検診をうけることになる。

​空いていてめっちゃ楽。

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン