• DCMナースはるか

自覚症状?なにそれ。

2017年8月25日


病院に運ばれて、

次の日から、心筋炎にしろ、心筋症にしろ、

なぜ重症の心不全になっているのか原因を探る検査がはじまりました。


初日は心臓エコー。

検査技師さん「んー。ずっと不整脈やから撮影するタイミングが…」

ってことで、1時間くらい左胸のあたりをグリグリとエコーしてもらいました。


技師さん「ほんとに動いても体は大丈夫なの?」

わたし「はい、普通に座れますし、普通に歩けますし。めまいもしませんし。」

技師さん「そんな人もいるんだね〜。検査お疲れ様でした。」


いったいわたしの心臓はどうなってるんだろう…?

疑問すぎて仕方なかったです。


とりあえず、ずっとつけてる心電図モニターは

心室期外収縮(VPC)出まくりなんは、わかるけども…。


ベッドに戻ってから、シャワー浴びたくて仕方なかったので、

何も準備してきてないし、下の階のコンビニ行って

シャンプーとトリートメントとパンツを買いに歩いて行きました。


あいてる時間ならいつでも入っていいよ〜って看護師さんが言ってくれたので、

そのままシャワーを浴びてベッドに戻ってきました。



ふぅ〜すっきりした!!

シャワーがこんなに気持ちいいなんて。毎日シャワー浴びんと気が済まんわ〜


と、暇すぎてウロチョロしつつ、デイルームで感慨深くボーッとしてたら、、、



「はるかさん!チョロチョロしたらだめ!

危ない危ない!!検査の結果的に、これから看護師付き添いね。そのほかはベッドで安静にしておいてね。」


そして、昼からドブタミン(強心薬)の点滴がはじまりました。


わたしそんなに危険な状態なん?いつもどおり動けるんやけど。

まだまだ重症の前段階でしょ!


余裕ぶっこきながら、言われた通り、とりあえず横になりました。


普段こんなにジーッと一日中寝てないから背中痛い!!

病人って大変やな〜。。はやく家帰りたいわあ。

まあそのうち治るやろ。。


その時はそう思っていました。



53回の閲覧

最新記事

すべて表示

寝たきりはつらいよ

IABPで一番辛いのはやっぱり、足を曲げられないこと。 体を起こすのもベッドの傾き30度まで。 ごはんも寝たまま。 さらにつっこんで言うと、 寝たままウンコ をしなければいけないということ。 手術が明日に決まったので、絶対に出してください!って言われるし(>_<) 赤ちゃんの時はしてたかもしれんけど、 今までの記憶の中でそんなんしたことないので、きばり方がまずわからない。 オムツの中にウンコしたら

あせってパコパコ

午後からカテーテルの検査して、IABP入れる予定だったのが、 なぜか朝の10時にカテーテル室から呼び出されて。 IABPのために、お股の剃毛を看護師さんにしてもらってる最中にww バーっと剃って、バーっとおしも洗ってもらって、 CCU退出。 カテーテルして、IABPつけて、 ICUへ転棟となりました。 カテーテル室で 足の付け根から管を入れて、IABPが作動し始めた瞬間から、 一気に「心臓がしんど

必死のしんぞう

移植登録の審査を明日に控え、 審査が通ったら、即手術の手配へ。という流れに決まりました。 ということは手術まで1週間もないという雰囲気です(^^;; 手術までに全身の循環状態をできるだけ良好な状態に戻しておくことが、その後の回復を左右するということで、強心剤を増量。 そして、 明日からIABPをつけて心臓を楽にしてあげよう。 と、先生から提案がありました。 術後の回復のことがいま一番大事やから、私

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン