• DCMナースはるか

宣告<1>

2017年9月7日


いろいろな検査をした結果と今後の治療方針を話し合いたいからということで、大阪から母が札幌の病院へ呼び出されました。


救急車で運ばれた次の日に一回駆けつけてくれたので、

今回は先週に引き続き2回目の来道。


そんなに頻繁に北海道行くこと普通ないよね…。ホントご足労おかけ致します。。。


母が病院に着いてすぐ、別室に呼ばれました。



拡張型心筋症です。

お父さんと同じ病気のようです。


薄々勘づいてはいたが、

断言されてさらにドーンと突き落とされた感じがした。


まさか、自分が。

しかも父親と同じ時期くらい…。なすすべもなく死んでいった父と同じように自分も死んでいくのか。。


はるかさんは看護師さんだから、詳しくお話ししますね。


現在のEFは18%

右心はまだ大丈夫のようですが、CIが1.6なので、フォレスターのⅡ、症状的にはNYHA分類のⅣです。

冠動脈は正常ですが、心筋の線維化がかなり進んでいるので心臓の体積は普通の人の4倍です。


(わたしなりに解説しますと、

心臓の左心室の動きは18%で、60%以下が動きが悪いということなので、動き悪いどころじゃなくてほとんどポンプ機能を果たせてない状態です。

肺に血液を送る圧は正常で、肺に水が溜まってる状態ではありません。

体の体積に対してどれくらい心臓が血液を送り出せているのかは、1.6で、基準値は2.2以上なので、左心室の拍出量としては足りません。

心臓のポンプの状態を表す、フォレスター分類上はⅡの左心不全、心不全の重症度としてはⅣで最重症です。

心臓の筋肉は多くが壊死していて、壊死の一つの原因として考えられる、冠動脈の梗塞等は見当たらなかったので、おそらく器質的に筋肉が変性して壊死したものだと考えます。

よって拡張型心筋症と診断しました。

心臓の大きさは胸郭の半分以上を占めています。健康ならばコブシの大きさですがわたしの場合手のひら大のボールくらいあるということです。)



そう言われた時、

いや、私先週まで普通に生活しててんで。こんな悪いわけないやん。

誰のデータやねん。

普通はもっとしんどいはずやし…。

あの患者さんとか、あの患者さんとか、、

(昔に受け持ったことのある心不全の患者さんの顔が何人も浮かんできた。)


苦しいと思い始めたんもホンマ最近やし!

おかしいわ。たまたまやって。


とにかく信じられませんでした。

78回の閲覧

最新記事

すべて表示

寝たきりはつらいよ

IABPで一番辛いのはやっぱり、足を曲げられないこと。 体を起こすのもベッドの傾き30度まで。 ごはんも寝たまま。 さらにつっこんで言うと、 寝たままウンコ をしなければいけないということ。 手術が明日に決まったので、絶対に出してください!って言われるし(>_<) 赤ちゃんの時はしてたかもしれんけど、 今までの記憶の中でそんなんしたことないので、きばり方がまずわからない。 オムツの中にウンコしたら

あせってパコパコ

午後からカテーテルの検査して、IABP入れる予定だったのが、 なぜか朝の10時にカテーテル室から呼び出されて。 IABPのために、お股の剃毛を看護師さんにしてもらってる最中にww バーっと剃って、バーっとおしも洗ってもらって、 CCU退出。 カテーテルして、IABPつけて、 ICUへ転棟となりました。 カテーテル室で 足の付け根から管を入れて、IABPが作動し始めた瞬間から、 一気に「心臓がしんど

必死のしんぞう

移植登録の審査を明日に控え、 審査が通ったら、即手術の手配へ。という流れに決まりました。 ということは手術まで1週間もないという雰囲気です(^^;; 手術までに全身の循環状態をできるだけ良好な状態に戻しておくことが、その後の回復を左右するということで、強心剤を増量。 そして、 明日からIABPをつけて心臓を楽にしてあげよう。 と、先生から提案がありました。 術後の回復のことがいま一番大事やから、私

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン