• DCMナースはるか

最終宣告

昨日の検査の結果を踏まえて、先生から詳しい説明がありました。



これ以上薬で心臓を休める治療はもう難しい。

やはり、カテコラミン(ドブタミン等)の強心剤の点滴を使用しないと、

全身の血流が不足してしまう。

そうなると、心臓だけでなく、そのほかの臓器も悪くなっていってしまうし、

強心剤の点滴を長期にわたって使用することは、心臓にムチを打って、結果寿命を縮めてしまうことにつながる。


残された生きる道は、

補助人工心臓を装着して、心臓移植待機をすること。


と、説明がありました。


…そうだよね、わかってた。

浦河にもう一度戻るっていう希望。忘れなくちゃいけないなって。



いろいろな結末を想像しました。



このまま点滴を続けても退院することはできない。

もちろん、浦河に帰ることもできない。


補助人工心臓を装着すれば、うまくいけば在宅療養ができる。

生きてさえいれば、どうにかこうにか可能性があるかもしれない。


うまくいかない可能性も半分くらいあるけど…。

そのときは、、、自暴自棄!?。。。


補助人工心臓をつけるためには、家族がいる大阪に帰らなければいけない。

この、大好きな北海道を離れなくてはいけない。辛い。


でも、

生きなければ。なにも始まらない。


家族とも相談して、

大阪で補助人工心臓の植え込み手術を受けることを決心しました。



56回の閲覧

最新記事

すべて表示

寝たきりはつらいよ

IABPで一番辛いのはやっぱり、足を曲げられないこと。 体を起こすのもベッドの傾き30度まで。 ごはんも寝たまま。 さらにつっこんで言うと、 寝たままウンコ をしなければいけないということ。 手術が明日に決まったので、絶対に出してください!って言われるし(>_<) 赤ちゃんの時はしてたかもしれんけど、 今までの記憶の中でそんなんしたことないので、きばり方がまずわからない。 オムツの中にウンコしたら

あせってパコパコ

午後からカテーテルの検査して、IABP入れる予定だったのが、 なぜか朝の10時にカテーテル室から呼び出されて。 IABPのために、お股の剃毛を看護師さんにしてもらってる最中にww バーっと剃って、バーっとおしも洗ってもらって、 CCU退出。 カテーテルして、IABPつけて、 ICUへ転棟となりました。 カテーテル室で 足の付け根から管を入れて、IABPが作動し始めた瞬間から、 一気に「心臓がしんど

必死のしんぞう

移植登録の審査を明日に控え、 審査が通ったら、即手術の手配へ。という流れに決まりました。 ということは手術まで1週間もないという雰囲気です(^^;; 手術までに全身の循環状態をできるだけ良好な状態に戻しておくことが、その後の回復を左右するということで、強心剤を増量。 そして、 明日からIABPをつけて心臓を楽にしてあげよう。 と、先生から提案がありました。 術後の回復のことがいま一番大事やから、私

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン