• DCMナースはるか

どうやって大阪へ?

11月1日に急変してから、

転院先の阪大病院とのやりとりを主治医が着々と行ってくれていました。


その中で、問題になったのが、

どうやって大阪に行くのか。


普通の旅客機には、点滴がいっぱいで乗れません。

プライベートジェット?

チャーターすると数百万するらしい…。。


うーーーん。

でも大阪に行かなきゃ始まらないから…


そんななか、先生が見つけてくれたのが

「メディカルジェット」


初耳でした。

制度の概要としては、

遠隔地での高度治療が必要な道内の患者を、適切な医療機関へ運ぶために飛ばしてくれるジェット機。北海道特有の制度。


でした。


すごい!!北海道!

ありがとう北海道!

大好き北海道!

これは北海道に一生をかけて恩返ししなければ!


フライトの日は2017年11月21日の予定で

準備していくことに決定しました。

51回の閲覧

最新記事

すべて表示

寝たきりはつらいよ

IABPで一番辛いのはやっぱり、足を曲げられないこと。 体を起こすのもベッドの傾き30度まで。 ごはんも寝たまま。 さらにつっこんで言うと、 寝たままウンコ をしなければいけないということ。 手術が明日に決まったので、絶対に出してください!って言われるし(>_<) 赤ちゃんの時はしてたかもしれんけど、 今までの記憶の中でそんなんしたことないので、きばり方がまずわからない。 オムツの中にウンコしたら

あせってパコパコ

午後からカテーテルの検査して、IABP入れる予定だったのが、 なぜか朝の10時にカテーテル室から呼び出されて。 IABPのために、お股の剃毛を看護師さんにしてもらってる最中にww バーっと剃って、バーっとおしも洗ってもらって、 CCU退出。 カテーテルして、IABPつけて、 ICUへ転棟となりました。 カテーテル室で 足の付け根から管を入れて、IABPが作動し始めた瞬間から、 一気に「心臓がしんど

必死のしんぞう

移植登録の審査を明日に控え、 審査が通ったら、即手術の手配へ。という流れに決まりました。 ということは手術まで1週間もないという雰囲気です(^^;; 手術までに全身の循環状態をできるだけ良好な状態に戻しておくことが、その後の回復を左右するということで、強心剤を増量。 そして、 明日からIABPをつけて心臓を楽にしてあげよう。 と、先生から提案がありました。 術後の回復のことがいま一番大事やから、私

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン