• DCMナースはるか

出発の日

いよいよ大阪へ向けて出発。


入院中にたまってきていた書類や本は、先に大阪へ送っておきました。

数日分の下着やタオル、シャンプー・石鹸類を当日持って行く荷物にまとめました。


久しぶりに病院の外へ出られる!!

そのことが嬉しくて、朝からちょっと興奮ぎみで張り切って準備していました。



病棟の看護師さんみんなに見送られて、

8時すぎ頃、病院から新千歳空港へ向けて救急車が走り出しました。

(当初は丘珠空港から飛び立つ予定でしたが、数日前にこの時期としては珍しく大雪となり、安全を考慮して除雪体制が万全な新千歳に変更となりました。)


しばらく、北海道とはお別れ。

飛び立つ前に北海道の雪も見れたし、よかった。


いってきます!!北海道さん 。


10:30、大阪へ向けてメディカルジェットが飛び立ちました。

万全を期して、北大病院の主治医の先生も一緒についてきてくれました。


地上からの気圧の変化にも負けずに、飛行中は、久しぶりのフライトを楽しんでいました。


倒れるまでは、出張等で月に2回以上飛行機に乗っていたので、

元気だった頃を思い出して、なんだか嬉しかったです。



2時間弱のフライト。

伊丹空港に着くと、豊中市の救急車が待機していてくれました。

なにがはじめに感動したかというと、


みんな、大阪弁しゃべってる〜〜〜!!!(ToT)

なつかしい〜

うれしい〜〜

大阪も好き〜〜〜♡


病院についてからも、医者も看護師もみんな大阪弁で

故郷の安心感ってこういうことか!


と実感した日でした。



いろいろと転院の手続きや検査を受けている間に、

主治医の先生は、北海道へとんぼ返りされていました(^^;)


えー!あいさつしたかったのに〜〜〜!


最善の策を練ってくれて、親身になってくれてありがとう、

F先生〜〜〜!!!


わたし、

大阪で頑張ります。

42回の閲覧

最新記事

すべて表示

寝たきりはつらいよ

IABPで一番辛いのはやっぱり、足を曲げられないこと。 体を起こすのもベッドの傾き30度まで。 ごはんも寝たまま。 さらにつっこんで言うと、 寝たままウンコ をしなければいけないということ。 手術が明日に決まったので、絶対に出してください!って言われるし(>_<) 赤ちゃんの時はしてたかもしれんけど、 今までの記憶の中でそんなんしたことないので、きばり方がまずわからない。 オムツの中にウンコしたら

あせってパコパコ

午後からカテーテルの検査して、IABP入れる予定だったのが、 なぜか朝の10時にカテーテル室から呼び出されて。 IABPのために、お股の剃毛を看護師さんにしてもらってる最中にww バーっと剃って、バーっとおしも洗ってもらって、 CCU退出。 カテーテルして、IABPつけて、 ICUへ転棟となりました。 カテーテル室で 足の付け根から管を入れて、IABPが作動し始めた瞬間から、 一気に「心臓がしんど

必死のしんぞう

移植登録の審査を明日に控え、 審査が通ったら、即手術の手配へ。という流れに決まりました。 ということは手術まで1週間もないという雰囲気です(^^;; 手術までに全身の循環状態をできるだけ良好な状態に戻しておくことが、その後の回復を左右するということで、強心剤を増量。 そして、 明日からIABPをつけて心臓を楽にしてあげよう。 と、先生から提案がありました。 術後の回復のことがいま一番大事やから、私

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン