• DCMナースはるか

出発の日

いよいよ大阪へ向けて出発。


入院中にたまってきていた書類や本は、先に大阪へ送っておきました。

数日分の下着やタオル、シャンプー・石鹸類を当日持って行く荷物にまとめました。


久しぶりに病院の外へ出られる!!

そのことが嬉しくて、朝からちょっと興奮ぎみで張り切って準備していました。



病棟の看護師さんみんなに見送られて、

8時すぎ頃、病院から新千歳空港へ向けて救急車が走り出しました。

(当初は丘珠空港から飛び立つ予定でしたが、数日前にこの時期としては珍しく大雪となり、安全を考慮して除雪体制が万全な新千歳に変更となりました。)


しばらく、北海道とはお別れ。

飛び立つ前に北海道の雪も見れたし、よかった。


いってきます!!北海道さん 。


10:30、大阪へ向けてメディカルジェットが飛び立ちました。

万全を期して、北大病院の主治医の先生も一緒についてきてくれました。


地上からの気圧の変化にも負けずに、飛行中は、久しぶりのフライトを楽しんでいました。


倒れるまでは、出張等で月に2回以上飛行機に乗っていたので、

元気だった頃を思い出して、なんだか嬉しかったです。



2時間弱のフライト。

伊丹空港に着くと、豊中市の救急車が待機していてくれました。

なにがはじめに感動したかというと、


みんな、大阪弁しゃべってる〜〜〜!!!(ToT)

なつかしい〜

うれしい〜〜

大阪も好き〜〜〜♡


病院についてからも、医者も看護師もみんな大阪弁で

故郷の安心感ってこういうことか!


と実感した日でした。



いろいろと転院の手続きや検査を受けている間に、

主治医の先生は、北海道へとんぼ返りされていました(^^;)


えー!あいさつしたかったのに〜〜〜!


最善の策を練ってくれて、親身になってくれてありがとう、

F先生〜〜〜!!!


わたし、

大阪で頑張ります。

24回の閲覧

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン