• DCMナースはるか

気がついた?

夢の中なのか、なんなのか。。。


私の姉がお見舞いに来てくれた。

わたしは何かを訴えようとするけど、声が出せなくて。


そしたら姉がホワイトボードをもってきて、

なんか書いて!っていうから、書くんやけど、

ふにゃふにゃの文字を見て、


「なんて書いてあるかわからん!」

って言って、姉が爆笑するから、私もつられて笑ってしまうんやけど、

笑うと体のあちこちが痛くてつらいよ〜(>_<)


私が顔をしかめると、

「え?何?なんて?」って聞いてくるからまたホワイトボード・・・


の繰り返し。そんな記憶が残っています…。

笑う、痛い、笑う、痛い・・・



そのあと、わたしはまた眠ってしまいました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【後日談】

姉に真偽を確かめたところ、そんな感じのやりとりはしていた。とのこと。

15時〜16時がICUの面会時間で、

手術の次の日のその時間に姉が来てくれて、姉の声で私は反応したそうで。

口は人工呼吸器がついていて話せなくて、手をパタパタさせるから、

必死にコミュニケーションをとろうとした結果、姉は近くにあったホワイトボードを私に見せて、書かせようとしたみたいです。

ただ、本当にミミズみたいな字で解読不可で困ってたみたいです(笑)

私的には、ちゃんと書いていたつもりだったんですが、意識朦朧やから、仕方ないよね!


57回の閲覧

最新記事

すべて表示

消毒の試験、おちた。

退院までの関門、 ドライブラインの消毒 消毒を自分ひとりでやるという手技の合格を 人工心臓管理技術認定士からいただかないといけません。 が、看護師さんに見てもらいながら、自分で消毒の練習をしはじめてから3日くらいしか経ってないので、、、 手元がおぼつかず、まだまだ修練が必要と言われました(T_T) わたしの言い訳 「元看護師やからといって、自分への消毒がすぐにできるとは限らない! っていうかできき

2ヶ月ぶりのシャワー!!!

11月の初頭に心不全がさらに悪化してから、浴びていなかったシャワー。 手術の前に、「死ぬかも知れんから、浴びたい!」と懇願したけど、却下された 念願のシャワー浴、解禁! 午前中に先生が、胸の傷口の抜糸をしにきてくれて、 デブリをした部分もかさぶたになり始めているからということで、 シャワー許可をくれました! 涙出るくらい嬉しい(;_;) っていうか、シャワー浴びながら、 「きもちいいい〜、さいこう

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン