苦しい!痛い!のどかわいた!

姉が面会に来た後、私はまた深く眠ってしまっていました。(麻酔がまだきれてない)



意識がハッキリすると、

なんかめっちゃ苦しい!!



なんで?あれ?息できひん!なんでなん!?

苦しい!!!!

ほんでなんでこんなに周りにいっぱい人がいるんや!?


頭の中はパニック。


「はるかさーん!息して!息吸って!!」

みんながそう言うんやけど、私は全然吸い込むことができませんでした。


あまりにも辛すぎて「できるわけないやろ!!!」と、

近くにいた先生を殴りそうになりました(笑)



ただ、その怒りパワーのおかげで、やっと自分で呼吸できるようになりました。

正直、危なかったらしいです。

本当はしっかり目が覚めてから、呼吸器を抜くんですが、私、寝てましたからww



カッサカサの声で、近くにいた看護師さんに、

「今日何日ですか?何時ですか?」


12月9日の17時頃ですよ。


手術終わって1日経ったんか〜。

ってかめっちゃ喉カラカラやねんけど、何時間後から水飲めるんやろ?


「水、いつから飲めますか?」


明日の朝、先生みんな来てからですね。


いや、死ねるくらいの拷問やん・・・普通数時間後OKになるやん。

なんでこんな飲まれへん時間に麻酔から起こしたんやボケ〜〜〜!


ってまたキレそうになりました。



それよりも!

胸からお腹までぜーーーーんぶ

めっちゃ痛いんですけど!!!

痛すぎて、酸素マスクのチューブ噛んで耐えたりしてました。

痛み止めの点滴も入れてもらったけど、なんの紛らわしにもなりませんでした。


もちろんこんな状態じゃ寝られません。


この日は、痛みと喉の渇きに悶絶した夜でした。

多分、一睡もしてない。



痛い、あつい、のどかわいた・・・


112回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

消毒の試験、おちた。

退院までの関門、 ドライブラインの消毒 消毒を自分ひとりでやるという手技の合格を 人工心臓管理技術認定士からいただかないといけません。 が、看護師さんに見てもらいながら、自分で消毒の練習をしはじめてから3日くらいしか経ってないので、、、 手元がおぼつかず、まだまだ修練が必要と言われました(T_T) わたしの言い訳 「元看護師やからといって、自分への消毒がすぐにできるとは限らない! っていうかできき

2ヶ月ぶりのシャワー!!!

11月の初頭に心不全がさらに悪化してから、浴びていなかったシャワー。 手術の前に、「死ぬかも知れんから、浴びたい!」と懇願したけど、却下された 念願のシャワー浴、解禁! 午前中に先生が、胸の傷口の抜糸をしにきてくれて、 デブリをした部分もかさぶたになり始めているからということで、 シャワー許可をくれました! 涙出るくらい嬉しい(;_;) っていうか、シャワー浴びながら、 「きもちいいい〜、さいこう