• DCMナースはるか

今さら!?

【注意!】

この記事にはグロい生々しい傷口の写真が掲載されています。

苦手な方は、読むのはやめておいてね。

自己責任でお願いいたします。


リアルを伝える趣旨のブログですので、

写真にはモザイク等はかけずありのままをお伝えします。




デブリの手術から1週間経過して、、


わたしの想像では、

もうそろそろ傷口も落ち着いて、

自分で傷口をきれいにする練習してる♪

 

と思っていたのですが・・・

 


まだまだ全然そんなことはなくて。



浸出液や出血が少し減ってきたかな?

という感じです。



なおかつ!


今さら、めっちゃ痛いんです!!!



例えると、

派手に大きくすりむいた傷口にオキシドールをブシャーっとかけた感じの痛さです。


ピリピリ!

ジンジン!!

ドクドク!!!

ズキズキ!!!!



先生がぐりぐり綿棒でデブリの穴をほじくったあと、

アクアセル(銀イオン付きの繊維のかたまり)をギュウギュウに詰めまくるからや〜。


と思ってたのですが、

違うそうです。



なんと。


神経が生えてきている


から。だそうです。



つまりは、こういうことです。



オペ直後は、

デブリした組織の神経を焼ききったから

神経が脳に「痛い」とかいう伝達もせず。無の境地。



ありがたいことに、

からだの自然な反応で、傷の修復が始まると…


焼かれた神経の先っちょから新しい神経が生えてきて、



「あれっ?!この先にまだ皮下組織とかあるはずやのに無い!俺、ムキ出し!?」


「これはヤバイ!異常事態だ!はやく本人に知らせないと!」


「脳さ〜ん!本人に、お腹やばいことになってるで〜。って痛みで教えてあげて!」


「結構身がえぐられててすごいから、脳さんは本人に、かなりの痛みで教えてあげて〜」




私「いたいいたいいたい!!先生何してくれてるんやーーー!!!」



といった流れです。(一人劇終了w)



生きているということは、


つねに体のシステムが正常モードに戻ろうと

必死にバランスをとって24時間営業している。



ありがとう。

わたしのカラダ。


でもね、やっぱり…


痛いんだよ!動くたびに。



寝返りうつたびに痛くて目がさめる〜〜



まあ、私の場合、

痛みが弱まってくるとまたすぐ寝ちゃうけど。


寝つきが良すぎるという便利な得意技を持っていて良かったです。


↓以下、今週の傷口ギャラリーです 笑


4月1日 まだ浸出液と出血があります。

綺麗にするとこんな感じ



4月3日 マシになってきた?

4月4日 中から何か生えてきた?痛い。

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン