飼い主に似るカワイイやつ

ヨロブン、アンニョンハセヨ~!


ハングル勉強合宿中のはるかです!!



ハングル

いや、違いました。

ドライブライン断線(仮)で入院中でしたー。



うさねむ


以前のブログでも述べました、

「疑わしきは即交換」


…ということで、

運命の交換オペ日がやっと決定したので、


先日、術前検査を兼ねての右心カテーテル検査をしました。


検査の内容は、

  • 現在のポンプ回転数での心臓の状態の把握

  • 回転数を下げていって、自分の心臓がどのくらい頑張ろうとしてくれるか

  • 水分の負荷(すなわち全身の循環血液量の増加)を心臓にかけて、正常に戻ろうとする力がどれくらいあるか、または体・肺循環の破綻(心不全の状態)が発生してしまうのか

というメニューです。



針を首にブスっと刺されてカテーテルをぐいぐい押される感覚は、

気分の良いものではないですね(^^;)


1年半ぶりくらいにやったので余計にそう思いました。

カテーテルが入りにくかったので、穴も少し切って広げました。


(検査が終わって局所麻酔が切れてからが痛かったです。)



なんと、

心機能は、前回やったときよりも向上していました。


VADで助ければ助けるほど心臓って元気になるんですね〜〜。

(個人差があると思います。

 私の場合は急激に心不全になったのも一因で、回復する余地があるのだと思います。)


でも、回転数を落とすと、僧帽弁の逆流が多くなっていたそうです。



…っとまあ、予想どおりな結果だったのですが、


ちょっと待った!

私の心臓ちゃん!!


怒り(泣)

気まぐれにVゾーンに入る(前回記事参照)ことが最近多かったのに、


カテ中、ほとんど期外収縮がない…。


Vゾーンが続くときは頭や胸が痛くなることもあるくらいなのに。


検査的には血行が安定していて、計測しやすい状態やけど、

ドッキドキしている時の心臓の状態が全然わからないじゃないの!!


なに良い子ちゃんしちゃってるの!?


「わたし、きちんと仕事してますよ〜〜」アピールですか?

「気合いれたらちゃんとできるねん。普段やる気ないだけやねん。」ってか?


なにぃぃぃいい?

まるで誰かさんみたいやんか!!



案の定、数日後、

またVゾーンに入って私を不快にさせるのであった…。



ほんっと、憎めないカワイイやつですね。


熱中しているときはドハマリして、

見られているときはちゃんとして。



余計に愛着わいちゃうから、困っちゃう。


でも、頑張っているのは分かってるし、

もうしばらくは頑張ってもらわないといけないから。


よろしくね。


My Heart♡ちゃん♥♥

最新記事

すべて表示