検索

スピード重視

まさかの突然、

傷を縫い閉じた前回の記事


急に前に進んで、驚き嬉しさと。


それから2週間あまり。


途中、その縫い閉じた横に作ったドレーン孔から

血や浸出液がボワっと出たこともありましたが…。




なんと、

家に帰ってきましたー!!


PICOつけたまま(笑)


※PICOとは、傷口に陰圧をかけて浸出液を吸収しながら傷の治りを促進させるドレッシング剤と小型機器のことです。VACの子分みたいなヤツです。製品情報ページはこちら (Smith&Nephew社のHPより)


在宅PICO

あまりにも私が早く帰りたいアピールをし続けていたせいか


先生が、

「PICOなら帰れないこともないよ。」


と言ってくれたので、


PICOのドレッシング剤が浸出液や出血で汚染したらすぐ病院にかけつけることと、

毎週外来に通うことが条件ですが、


退院することにしました。



急に話が展開していって、

半ば無理やり(?笑)ながらも退院までこぎつけられて、

めちゃくちゃ嬉しいです。


なんせスピーディー☆



まだ抜糸も抜鉤もしてないけど、

帰ってもいいと言ってくれた先生に

感謝!感激!



傷口次第でまだまだどう転がるかわからない日々ですが、

ひとまず

家に帰って来れたことが、とても嬉しい。


外の世界がキラキラして見える。

おいしいものがたくさんあふれている。


やっぱり、家は良いです♪(^o^)



どうか再入院にならないように、

傷口さん、素直に治ってね!


 

家に帰って

あらためて鏡でいろんな場所の傷跡を見ていました。


帰宅時傷跡
自分のお腹を冷静にながめる


よくここまで頑張ったな〜と自分に言い聞かせる。


あともう一歩やで!

頑張ろうな!

私のカラダっヽ(`▽´)/


カラダと傷のために

おいしいもんいっぱい食べたるからな〜♡♡♡

271回の閲覧

関連記事

すべて表示

詰まるVAC