​心臓移植・補助人工心臓

​重症心不全により、さまざまな治療をおこなっても改善が見込まれず、余命が短いことが考えられる場合、心臓移植による治療を考えなければなりません。

現在の日本では、心臓移植の対象となる病気として、拡張型心筋症・肥大型心筋症を中心とした、難治性心疾患で65歳未満の患者に限られています。

しかも、他の臓器(肝臓・腎臓・肺など)の機能が低下していたり、ガンがあったりすると移植適応外とされます。

心臓移植までの道のりは以下の通りです。

​重症心不全・重症の不整脈があって

薬だけでの治療では不十分である

​重症心不全・重症の不整脈があって

薬だけでの治療では不十分である

​本人と家族が移植治療について理解し、健康状態

の自己管理や周囲が協力できる体制である

移植登録に必要な検査

胃カメラ・腸カメラ・全身CT・MRI

採血(腫瘍マーカー・糖尿病・感染症・全身性疾患の有無)

など

心臓カテーテル検査

​による心機能の評価

​通院・入院病院での

心臓移植検討会による協議

​日本循環器学会による

心臓移植委員会での協議

​移植用の採血

​(ドナーが見つかった際に

臓器の適合試験をするため)

​約2〜3ヶ月

​日本臓器移植ネットワークへの登録

​待機日数カウントスタート

​入院治療

​(点滴・補助人工心臓による

心機能の維持・回復

​補助人工心臓植え込み

​退院して

在宅療養

​月1回の外来通院

​約5〜7年

​(2017年時点)

​心臓移植手術

© 2019 by DCM nurse Haruka

  • White Facebook Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン